ホームおひさまだより天井破りの力

Blog 新着情報・教室ブログ

天井破りの力

掲載日: 2019年10月15日(火) | おひさまだより

ノミのサーカスの話をご存知ですか?

(ロシアにあるそうです。)

 

 

ノミは自分の体長の何十倍、何百倍もの

高さを跳ぶ力を持っています。

 

ところが…

このノミを容器に閉じ込め、フタをします。

するとノミは、跳んでもフタにぶつかって落ちる、

跳んで・ぶつかって・落ちる…を繰り返すうちに

最後には、容器から出しても、

もうそのフタの高さまでしか

跳べなくなってしまうのだそうです。

 

せっかく、高く跳べる能力を持っているのに、

低い力しか出せないノミに、

調教されてしまうのです。

 

 

私達も、これと同じようなことを

大切な我子に対してしてしまっているのでは

ないでしょうか?

 

「ほら、またまちがえた!」

 

「ダメな子ね!」

 

「何度言ったらわかるの?!」

 

「どうせムダよ!」

 

「えー、そんなことできる訳がないじゃない!」

 

「お母さんの言うとおりにしなさい!」

 

 

このような言葉は、子供の能力に、

ガッチリと限界を作ってしまいます。

 

 

すべて親の言う通りにしかできない子は、

絶対に親の器を越えることはできないのですよ。

 

子どもには、無限の能力が隠されているというのに、

とてももったいないと思いませんか?

 

 

本来の子どもは、たとえ天井があっても、

それをつき破って成長するほどの力

持っています。

 

その本来の力を、

存分に発揮できる環境を作ってやれるのは、

周りの大人の考え方・器にかかっているのです。

 

社会のルールは当然

守らなければなりませんが、

能力に関しては、天井知らずで、

どんどん伸ばしてやりたいものです。

 

 

反抗・失敗・迷い、大いに結構!

すべてをジャンプする力に変えて、

どこまでも伸びていける子どもって、

すごくステキです!

 

竹石むつこ

 

アーカイブ

無料体験レッスンで
お子様の成長をご体感ください!

竹の塚校
03-3860-3544
綾瀬校
03-3628-2050
電話受付時間 9:30〜19:30 (日月休)
BACK
TOP